橘甲会ブログ

  • clinic

    身近なカフェイン摂り過ぎ注意?! その1

    なんだかあっという間に7月の終わりですね。若者は1日が早く、1年が長く感じ、年をとると1日が長く、1年が早いと聞きます・・・年とったのかな・・・(´・ω・`) えーい!元気出して行きますよぉぉ!!健康ぉぉぉっ!してますかぁぁぁ!!! m9っ`Д´) ビシッ!!  失礼しました・・・さて、前回のブログで申してました通り(前回記事)私事ではございますが、先週土曜日から日曜日にかけてとある自転車イベントに参加して参りました。イベントの内容は、F1が走るサーキットコースを夜8:00にスタートし、翌日の6:00まで走り続け何周走れるかを競うという耐久レースです。セブンライトは夜通し延々走り続け、88周回、約320キロ超を走りきりました。消費カロリーは約9,000カロリー前後で身体へのダメージが酷く、頭痛と胃痛が収まったのは4日経った木曜日の夕方ぐらいでした・・・。 AM5:00 走り初めて9時間時の写真です。 目が恐いのでボヤけた感じにしました(苦笑)  今回、セブンライトは眠気を抑える為にコーヒーや無水カフェインの錠剤を多めに摂取してしまいました。恐らくそれが頭痛、胃痛が長引いた原因の一端だと思われます。錠剤で摂取した事は狙ってやった事なので自業自得なのですが、実は日常的に飲む、コーヒー、お茶も気をつけないと過剰に摂取している恐れがあるほど含有量は以外と多いのです。・・・と、いう訳で今回のテーマは「カフェイン」について調べて記事にして参りたいと思います。拙い文章ですがお付き合い下さい! 大阪で健康診断なら医療法人 橘甲会にお任せ!( `・∀・´)ノ 以上、橘甲会セブンライトでした!ここまで目を通していただき有難うございました!!

    2016.07.29

  • clinic

    暑い・・・そうだ、汗について考えよう その5

    二十歳台の職員が春から6人も一気に増え、若さ溢れるバイタリティを肌で感じ、自分が四捨五入してアラフォーだという事を意識してしまい少し凹んでいる橘甲会セブンライトです。 健康!!してますか!( ・∀・)ノ 今回は汗についてのまとめ記事です・・・の前に、前回記事に於いて文章が途中でぶっつりと切れてる箇所がありました。現在は修正しておりますが、内容についてきちんと精査する上でも誤字、脱字等のないようこれから気を付けて参りますので、この場をお借りしてお詫び申し上げます。 過去記事はコチラ。 暑い・・・そうだ、汗について考えよう その1 暑い・・・そうだ、汗について考えよう その2 暑い・・・そうだ、汗について考えよう その3 暑い・・・そうだ、汗について考えよう その4 さて、「汗について考えよう」は、セブンライトが炎天下で一日中運動し続け、その影響で頭痛や痺れが発症したのはいったいどういった理由で起こっているのか?というのが始まりでした。 内容について箇条書きでまとめていきますね。 ・大量発汗によるミネラル欠乏が原因で手足の痺れ、倦怠感、頭痛が引き起こされた。 ・汗とは、99%が水分で残りの1%がミネラルで構成されている。 ・ミネラルとは直訳すると「鉱物」無機質栄養素の総称であり、体内では精製出来ない為食品から摂取しなければならない人体の活動維持に必須な栄養素である。 ・ミネラルは100種類以上あります。その中で栄養素として欠かせないものとして16種類、厚生労働省が摂取基準を定めているのは13種類。 ・16種類のミネラルとは、ナトリウム、マグネシウム、リン、カリウム、カルシウム、クロム、マンガン、鉄、銅、亜鉛、セレン、モリブデン、ヨウ素、イオウ、塩素、コバルト。 ・ただし、ナトリウム(塩分)のように過剰摂取する事で成人病等の大きな要因となる。 ・大量に発汗した場合、ミネラルも一緒に補給しないと体液濃度を下げまいとする作用で余計に汗をかき悪循環が起こってしまう。     7月27日はスイカの日です。ご存知でしたか? さて、前回紹介せずにスルーしてしまったのですが、夏の風物詩「スイカ」も正に夏にピッタリの栄養価の持ち主なんです。 スイカは、90%が水分で構成されており、カリウム、マグネシウム等のミネラルも豊富で食物繊維もたっぷり含まれており、正に熱中症対策にぴったりの食べ物なのです。加えて100g摂取しても約40カロリーと、甘いので勘違いされがちですが実はヘルシー食材でもあるのです。また、少しのお塩をふって食べると、正に天然のスポーツドリンクとなるので夏にスイカ!は先人達の経験でたどり着いた知恵なのでしょうね。 如何でしたでしょうか? これで2テーマ分ブログを書き終えました。次回どういった内容にしようかは早くも困っております(;^ω^)私事ですが、近々で身体に強烈に負担のかかる自転車レースに出るのでどういった影響が出るのか?のデータが取れれば記事にしてみたいと思います。 ではいつもの締め・・・いきます!! 大阪で健康診断なら医療法人 橘甲会にお任せ!( `・∀・´)ノ 拙い文章、ここまで目を通していただき有難うございます。では次回もお楽しみに!!

    2016.07.22

  • clinic

    暑い・・・そうだ、汗について考えよう その4

    ブログで書いている手前、1週間連続でお昼ご飯をひじき、豆腐、サラダ、納豆で過ごしたものの、はやくも飽きてきてしまった橘甲会セブンライトです。 毎日暑いですけど・・・健康!!してますか!( ・∀・)ノ さて、前回の記事ではミネラルの役割や摂取しやすい食材等について纏めました。 そもそもこのミネラルについての記事の件は「汗をかき過ぎた際、身体に及ぼす影響」という事でミネラルの話題になりましたね。今回は最初の問題点に立ち返り汗の成分やおすすめの栄養補給法をご紹介していきましょう。 それではご一読いただけましたら幸いです。 セブンライトが「大量発汗する運動し、頭痛や手の痺れが出た。」と最初の記事に書きましたが、結論から言うとこれは大量発汗によるカリウム、ナトリウムの不足、あとは熱中症だった模様です。ただ、何もこれは炎天下で運動をしていたから出た症状ではなく、室内で業務していても有りうる事なのです。 暑い季節、汗をかいたら周囲の目が気になりますよね(苦笑) 人間のかく汗の種類には2つあります。 1つは脇の下や陰部に多くあるアクポリン汗腺からかく汗で,水分だけでなく脂肪やたんぱく質も含まれていて,サラサラしてなくほんの少しの臭気があります。 もう1つは,全身に分布しているエクリン汗腺からの汗で,体温調節のために必要な汗です。これは99パーセントが水分ですが,残りの1パーセントにはナトリウムやカリウム,マグネシウム、鉄分等のミネラルが含まれています。セブンライトが「身体が痺れる」という症状が出た原因は、大量発汗によるカリウム(筋肉のエネルギー生産に大きな影響を及ぼす)不足と、補給不足によるダブルパンチによるものだったと思われます。と、申しますのも、暑いから喉が渇く→「水」だけを飲む→体液のミネラル濃度が薄くなる→身体はこれ以上体液濃度が薄くならないように余計汗をかく。 と、いう悪循環を引き起こしたからです。セブンライトは運動中、ベタベタするのが嫌という理由ほぼスポーツドリンクを飲まないので体内でこういう悪循環を引き起こしていたようです。よく夏の水分補給は「水と塩をひとつまみ」と申しますが、体内での悪循環を引き起こさない為にも必要だったという訳ですねー。 では、次回はミネラルについてラスト、纏めの記事にしたいと思います。 大阪で健康診断なら医療法人 橘甲会にお任せ!( `・∀・´)ノ ここまで目を通していただき有難うございました。以上、橘甲会セブンライトでした!!

    2016.07.13

  • clinic

    暑い・・・そうだ、汗について考えよう その3

    暑さが厳しくなって参りました。この時期「泡付き清涼飲料水」を呑んでも「プハー」っと感じるので業務の合間に一杯飲みたいな、と思う橘甲会セブンライトです! 健康!!してますか!( ・∀・)ノ ・・・ ・・・・えっ!?いえいえ!!! 思ってるだけで絶対そんな事してませんよ!!←(ここ大事) (; ・`д・´) と、いう前フリはさておき、前回は「ミネラル」とは栄養素の一括りの総称で実に100種類以上ありますよ。そして、その中で栄養素として欠かせないものとして16種類、厚生労働省が摂取基準を定めているのは13種類あり、16種類のミネラルとは「ナトリウム、マグネシウム、リン、カリウム、カルシウム、クロム、マンガン、鉄、銅、亜鉛、セレン、モリブデン、ヨウ素、イオウ、塩素、コバルト」まで記事にしました。今日はこれらのミネラルの役割や摂取しやすい食品についてまとめてみたいと思います。 この中でも「亜鉛、カリウム、カルシウム、鉄、マグネシウム」は日本人の食生活では不足しがちと言われているようです。 逆に過剰に摂取しがちなミネラルは「ナトリウム、リン」と言われています。 これを補うレシピとしてセブンライトは、ひじき、納豆、豆腐をよく食べるように心がけています。 ひじきには、カルシウム、マグネシウム、食物繊維が、納豆にはカリウム、カルシウム、鉄分、マグネシウムが、豆腐にはカルシウム、カリウム、亜鉛等がバランスよく含まれています。コンビニでこれらを購入すると納豆が100円で3パック程、豆腐も100円程で2~3丁、ひじきは200円ぐらいで買え、ワンコインでお釣りがきてミネラルたっぷりの食事が出来ます。・・・まぁ、少々味気ないかもしれませんがお腹いっぱいにはなりますよ(;^ω^) もしお子様や、ご家庭でこれ出す場合、飛龍頭(ひろうす)(※「がんもどき」) にして、お出汁や、からし醤油で食べるとこれらの食材が苦手な人も美味しく食べれると思います! 飛龍頭は、ざっくり言うと上記食材を混ぜて揚げた物です(納豆は一般的ではありませんが・・・) 美味しくて、栄養価も高いのでオススメです。詳しい調理法は大手サイトを見てください。←(丸投げ) 如何でしたでしょうか?また記事が長くなってしまいました(;´∀`) では次回は、じゃあ暑い季節、汗をかいた場合に気をつけるべき事と、その対策について記事にして参りたいと思います。 大阪で健康診断なら医療法人 橘甲会にお任せ!( `・∀・´)ノ ここまで目を通していただき有難うございました。以上、橘甲会セブンライトでした!!

    2016.07.06

CATEGORYカテゴリー

  • JAHS
  • 医院ブログ
  • きのこどもクリニック